Home > 女性研究者研究活動支援事業

女性研究者研究活動支援事業

文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」は、女性研究者がその能力を最大限に発揮できるよう、出産、子育て又は介護(以下「ライフイベント」という)と研究を両立させるための環境整備を行う取組を支援する事業です。
福井大学は、平成24年度「女性研究者研究活動支援事業」に採択され、男女共同参画推進センターのもと、女性研究者活動支援部門を設置し、支援活動を行います。

文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」へのリンクはこちら

 

女性研究者支援のための主な事業計画

1 女性研究者数の積極的増加策

女性研究者比率向上のためのポジティブ・アクションの策定

福井大学では、平成23年度、女性研究者比率向上のためのポジティブ・アクションを策定しました。女性研究者の研究支援活動を全学的に進め、2回の次世代認定マーク(くるみん)交付など、本学がこれまで評価されてきた取組の拡充や利用促進、アンケート調査やインタビューによって明らかとなった課題の改善を図り、さらなる女性研究者の増加を目指します。また、研究環境の改善、機関内の意識改革、裾野の拡大に有効な取組の拡充・強化を図ります。

2 支援体制および相談体制の確立

相談窓口の整備および女性研究者交流ネットワークの全学的組織化

女性支援ルームを設置し、コーディネーターがアドバイザー、女性研究者活動相談員とともに、女子研究者の相談対応を行います。学外機関や企業等と連携し、各種情報提供や内容に応じた相談を調整します。また、先輩研究者等との交流を図るために、研究者を目指す女性学生を含めた女性研究者交流ネットワークを全学的に組織化します。

広報活動および施設整備

男女共同参画推進センターのWEBサイトを開設し、WEBサイトやニュースレター発行等を通して、女性研究者の活躍をロールモデルとして提示するとともに、研究支援情報や、学内および地域の育児・介護支援情報などを提供します。また、学外に向けた広報活動により、裾野拡大や本学への女性研究者の応募を増やすことにつなげます。

3 意識改革および次世代女性研究者育成支援

全学的啓発活動

セミナーや研修会を開催し、男女共同参画のさらなる普及を目指します。特に女性研究者の少ない部局等でセミナーや研修会を開催し、女性研究者の採用や上位職への登用、ライフイベント期間中の支援活動について啓発を行います。また、年に1回程度、男女共同参画推進および女性研究者支援に関する啓発を目的とした全学シンポジウムを実施します。
事業期間中に、男性研究者を含む全職員を対象とした男女共同参画に関するアンケート調査や、育児介護休業取得経験者や出産育児介護等を理由に退職した女性研究者等への復職環境整備に関するアンケート調査等を実施し、取組改善へつなげます。
学生向けキャリアガイダンスでは、研究職キャリアガイダンスを強化し、研究職への進路選択促進のための情報提供を行います。

4 両立支援

研究を支援する者の配置

ライフイベント期間中にある女性研究者、および、配偶者が研究者である、ライフイベント期間中にある男性研究者の要請に応じ、研究支援員、技術補佐員、RA(Research Assistant)・研究補助員の配置を行います。研究支援員は、研究室に常駐し、実験や解析等、研究支援などを行います。技術補佐員は、研究室に常駐し、実験補助や実験動物飼育補助などを行います。RA・研究補助員は、学部生や大学院生等を雇用し、実験補助やデータ入力等の補助作業を行います。

病児保育施設等利用助成制度

ライフイベント期間中にある女性研究者・女性医員、および、配偶者が研究者である、ライフイベント期間中にある男性研究者の要請に応じ、診療業務と育児の両立を支援するため、病気治療中又は病気回復期にある子を保育施設に預ける場合の利用料に対する費用の助成を行います。

 

ページの先頭へ